手洗いとうがい

感染症が流行っています。
小さなお子さまからご高齢の方まで油断せず、常に「手洗いとうがい」を心がけてくださいませ。

*「手洗いとうがい」の手順*

1)まず、石鹸などを用いて、両手をしっかりと洗う。

2)お茶を口に含みブクブクし、吐き出します。それによって、口の中に付着しているバイ菌を取り除くことができます。

3)次に、お茶を口に含み、上を向いてガラゴロガラゴロし、吐き出します。そうすることで、扁桃腺(へんとうせん)付近に付着したバイ菌を取り除くことができます。
※大きな声を出しておこなうことが大事です。

4)最後に、お茶をひとくち飲みます。これによって、3のうがいだけでは取りきれなかった喉の奥のバイ菌を胃の中に落とし、胃酸でやっつけることができます。

バイ菌は、乾燥した粘膜にくっつきやすいので、マイボトル等にお茶を入れて、15分おきくらいにひとくちふたくちお飲みいただき、口の中をうるおしてくださいね。

うがいはぬるま湯でも良いのですが、私は子供の頃からお茶でうがいをしていますので、ここでもあえて「お茶」とさせていただきました。出来れば体温に近い温度のお茶がおすすめです

ちょっとした手間にはなりますが、この時期の「手洗いやうがい」はとても大切です。