ないものは作ってみよう。

web担当saitoです。暖冬かと思うと、急に寒い日が続きました。皆さん、いかがおすごしでしょうか。風邪やインフルエンザ、今話題のウィルスなど、いろいろ心配なことありますねぇ。。。

家族の中で高齢者担当と言われているsaitoは、特に敏感になってしまいます。通いの電車、通院の送迎、不特定多数の方とすれ違いもしますけれど、病原菌を実家方面まで運んでしまう可能性だってある。家族は…ま、高齢もありますんで、仕方ないかもですけど。医療関係スタッフさんとか、ほかの患者さんとかにはうつせませんもんね。。。

マスク、どこも完売ですね。お薬、世界の賢い先生方が、急ぎ研究してくださっていますが。。。そうは簡単にいかないですよ。。。

なら、ないものは、作ったり工夫したりしてみましょう!

マスク、作ってみました!

インディゴブルーは、着古した寝巻きの袖です。両袖分、主人と私の1枚ずつ作りました。ダブルガーゼが着古した感じがクタクタになっていて、とても肌触りが良くて快適です!自転車に乗る主人は、マスクはフィット感を重視するタイプです。が、「なかなかフィットするなぁ!」と賛成票をくれました。ベージュは、リネンのハギレです。シャリッとして、つけるとちょっとちゃんと感が出ます。中にガーゼを仕込んで交換すれば、使い勝手がいいのでは???と自己満足に浸っています。

首まわりが擦り切れ、着替えの時に脇から、ビリリっとなったネマキ、取って置いてよかったなぁと思っています。昔の給食当番を思い出し、中にガーゼを仕込んでみようと思います。洗い替えの助けにもなるかもしれません。手づくりしてみると、ゴムの長さや当たりも調整できるし、案外いいもんですよ。

あと・・・お薬。

まだ、ない様子ですね。個人個人で、自己免疫力を高めていくしかありませんね。家でゆっくり緑茶をいただきましょうかね。今日は、カジュアルにマグカップ でたっぷりと。

出先にも、マイボトルに緑茶を淹れて、出かけませんか。私は、通いの介護に緑茶を淹れて行きます。カテキン効果も一つですけど、飲むと気分も一新リフレッシュするんです。オススメですよ。

そう、最後に。主人のマスクと間違わないように、ちょっとフレンチドットで刺繍入れてみました。こんな遊びココロを持つのもよくないですか?下手くそですけど、目印くらいにはなります(笑)

マスクは・・・スーパーでお会いするときに、ご挨拶をする仲、手芸好きのおばあちゃんがいるんですけど。その方は、先週の時点で、もうマスクを手づくりをされていまして。「ないないって、ニュースでおっしゃってるでしょう?私一人くらい手づくりしたほうがと思って…」と言われたんです。あー!そうだ!って思いました。お子さんのいる家庭、病院、学校関係者の方々がまず第一優先。大人たちだけの暮らしに、今、使い捨ては贅沢品だな!と思いました。作ってみようと思いました!!ぜひぜひ、必要な家庭の方々は、使い捨てマスクを使ってください。でね、ちょっと余力のある方は、作ってみてください。案外、楽しいです。